「ホロス2050」グループ
By Toshihiro Takagi Follow | Public

 2017年10月17日(火)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第5回 ホロス2050 未来会議「第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSING(アクセスしていく)」を開催します。ゲストにKADOKAWAで「東京ウォーカー」はじめ全国のウォーカー・シリーズの総編集長を担当し、現在は2021年室エグゼクティブプロデューサーとして未来社会のデザイン活動をしている玉置泰紀さんと、発達障害を抱える人にプログラミング、デザインを教える学校「GIFTED AGENT」を運営、ブロックチェーンを活用した「COMMONS OS」を開発、エストニアに仮想通貨専門ファンド「PUBLIC FUND」を設立するなど、先進テクノロジーを活用して理想的な未来社会の実現に向けて活動している河崎純真さんをお迎えして、「ACCESSING(アクセスしていく)」とはどういうことなのかを深堀りしていきます。ディスカッション・テーマは、「デジタル・ネイティブはわれ先にと前へ進み、未知のものを探索していく」です。ケヴィン・ケリーが『<インターネット>の次に来るもの』第5章 ACCESSING」で述べている「原始時代に還ったような気分になる」という言葉を手掛かりに、所有することよりアクセスすることが重要になる未来社会とは一体どのようなものなのか、そのシンボル的存在である東欧の小国、エストニアの電子政府が今、世界的な注目を集めているのは何故なのか、そして、その背景にあるブロックチェーンやP2Pといった先進的なテクノロジーは今、どのように世界を変えようとしているのか、といったことについて参加者の皆さんと一緒に考えてゆきたいと思います。日時:2017年10月17日(火)19:00〜21:00(受付開始 18:45) 場所:御茶ノ水 デジタルハリウッド大学駿河台キャンパス 料金: ◎一般 前売り 4,000円(Peatix) 当日 4,500円(受付) ◎学生 前売り 1,000円(Peatix) 当日 1,500円(受付) ◎個人会員 年会費 50,000円(Peatix) 特典: 1)全12回未来会議への参加 & アーカイブ映像・レポートの閲覧ができる 2)未来会議に「ホロス2050 会員」として主体的に参加できる 3)先進的な「ホロス2050 実験プロジェクト」に参加できる    4)ケヴィン・ケリー特別講演会へのご招待、他 ◎法人会員 年会費 108.000円(税込) 2名まで(Peatixまたは申込書にて) 特典: 1)全12回未来会議への参加 & アーカイブ映像・レポートの閲覧ができる 2)未来会議に「ホロス2050 会員」として主体的に参加できる 3)先進的な「ホロス2050 実験プロジェクト」に参加できる 4)ケヴィン・ケリー特別講演会へのご招待、他 ※ 「ホロス2050」では、ケヴィン・ケリーが『<インターネット>の次に来るもの』の12のキーワードで予言した様々な未来技術を、実験プロジェクトという形で実現していきたいと考えています。こうした「ホロス2050」の趣旨に賛同し、応援したい、一緒に活動していきたいと思われる方は、ぜひ、個人会員/法人会員のお申込みをしてください。 ※詳細については、ホロス2050公式ホ−ムペ−ジ(http://holos2050.jp/)をご参照ください。

Announcements
  • 2017/09/19

     2017年10月17日(火)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第5回 ホロス2050 未来会議「第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSING(アクセスしていく)」を開催します。ゲストにKADOKAWAで「東京ウォーカー」はじめ全国のウォーカー・シリ... read more  2017年10月17日(火)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、第5回 ホロス2050 未来会議「第5章 所有権よりアクセス権/ACCESSING(アクセスしていく)」を開催します。ゲストにKADOKAWAで「東京ウォーカー」はじめ全国のウォーカー・シリーズの総編集長を担当し、現在は2021年室エグゼクティブプロデューサーとして未来社会のデザイン活動をしている玉置泰紀さんと、発達障害を抱える人にプログラミング、デザインを教える学校「GIFTED AGENT」を運営、ブロックチェーンを活用した「COMMONS OS」を開発、エストニアに仮想通貨専門ファンド「PUBLIC FUND」を設立するなど、先進テクノロジーを活用して理想的な未来社会の実現に向けて活動している河崎純真さんをお迎えして、「ACCESSING(アクセスしていく)」とはどういうことなのかを深堀りしていきます。ディスカッション・テーマは、「デジタル・ネイティブはわれ先にと前へ進み、未知のものを探索していく」です。ケヴィン・ケリーが『<インターネット>の次に来るもの』第5章 ACCESSING」で述べている「原始時代に還ったような気分になる」という言葉を手掛かりに、所有することよりアクセスすることが重要になる未来社会とは一体どのようなものなのか、そのシンボル的存在である東欧の小国、エストニアの電子政府が今、世界的な注目を集めているのは何故なのか、そして、その背景にあるブロックチェーンやP2Pといった先進的なテクノロジーは今、どのように世界を変えようとしているのか、といったことについて参加者の皆さんと一緒に考えてゆきたいと思います。日時:2017年10月17日(火)19:00〜21:00(受付開始 18:45) 場所:御茶ノ水 デジタルハリウッド大学駿河台キャンパス 料金: ◎一般 前売り 4,000円(Peatix) 当日 4,500円(受付) ◎学生 前売り 1,000円(Peatix) 当日 1,500円(受付) ◎個人会員 年会費 50,000円(Peatix) 特典: 1)全12回未来会議への参加 & アーカイブ映像・レポートの閲覧ができる 2)未来会議に「ホロス2050 会員」として主体的に参加できる 3)先進的な「ホロス2050 実験プロジェクト」に参加できる    4)ケヴィン・ケリー特別講演会へのご招待、他 ◎法人会員 年会費 108.000円(税込) 2名まで(Peatixまたは申込書にて) 特典: 1)全12回未来会議への参加 & アーカイブ映像・レポートの閲覧ができる 2)未来会議に「ホロス2050 会員」として主体的に参加できる 3)先進的な「ホロス2050 実験プロジェクト」に参加できる 4)ケヴィン・ケリー特別講演会へのご招待、他 ※ 「ホロス2050」では、ケヴィン・ケリーが『<インターネット>の次に来るもの』の12のキーワードで予言した様々な未来技術を、実験プロジェクトという形で実現していきたいと考えています。こうした「ホロス2050」の趣旨に賛同し、応援したい、一緒に活動していきたいと思われる方は、ぜひ show less

Video
Comments