「ホロス2050」グループ
By Toshihiro Takagi Follow | Public

インターネット商用化25周年・The DEMO 50周年記念
第2回 ホロス2050未来宣言〜ColleCard「IT25・50」説明会&ゲーム大会
温故知新 アーカイブ&ディスカッション プロジェクト
これまでの歴史を振り返り、これからの“未来社会”を考える


2018年9月7日(金)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、これまでの歴史を振り返り、これからの“未来社会”を考える「第2回 ホロス2050未来宣言〜ColleCard「IT25・50」説明会&ゲーム大会」を開催します。
今年、2018年は、1993年にマーク・アンドリーセンがNCSA Mosaicを開発し、ブラウザベースの商用インターネットがスタートしてから25年目となります。また、1968年12月9日(米国時間)にダグラス・エンゲルバートが世界で初めてマウスでコンピュータを操作できることを示し、GUIやハイパーテキストリンクなど、今日のパーソナルコンピュータとインターネットの基礎となるデモンストレーションを行い、その後、パーソナルコンピュータとインターネットが大躍進するきっかけとなった有名な「The DEMO/The Mother of All Demos」を行ってから50年目となります。
しかしながら、現在インターネット上には、こうしたインターネット商用化25年・The DEMO 50年の歴史について、誰もがわかりやすく振り返ることができ、そこからみんなでこれからの“未来社会”を考えることができるコンテンツやサービスが存在しません。
そこで、株式会社クリエイシオン(代表取締役 高木利弘)では、ColleCard「IT25・50」(コレカード・アイティ・ニーゴー・ゴーマル)というトランプと百人一首を組み合わせ、ネットとも連携する「知の冒険カードゲーム」を開発し、ITの歴史を誰もが簡単に、しかも、楽しく「遊びながら学ぶ」ことができるエデュテインメント・サービスを始めることにしました。
9月7日(金)の「第2回 ホロス2050未来宣言〜ColleCard「IT25・50」説明会&ゲーム大会」では、このColleCard「IT25・50」がどのようなものかご説明させていただくとともに、実際にグループに分かれて、知の冒険カードゲームの醍醐味を体験していただきます。
また、2018年12月10日(月)開催予定の「IT25・50」シンポジウムの進捗状況についてもご報告させていただきます。
最大のトピックスは、「パーソナルコンピュータの父」アラン・ケイ氏が、このシンポジウムの趣旨に賛同し、基調講演を快諾してくれたことです。
当日は、米国で本家ダグ・エンゲルバート協会主催の「The DEMO 50周年記念講演会」があり、そちらにロンドンから遠隔講演するのに続いて、「IT25・50」シンポジウムにも遠隔講演してくれる形になります。

「IT25・50」プロジェクトに賛同し、一緒にプロジェクトを推進されたいとお考えの方は、ぜひ、この機会にご参加ください。

公式サイト:IT25・50(http://it2550.net/)
      ホロス2050(http://holos2050.jp/)
      ColleCard(http://collecard.net/)

日 時:2018年9月7日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45)
場 所:御茶ノ水 デジタルハリウッド大学駿河台キャンパス 3FE12,E13教室(アクセス)
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア デジタルハリウッド大学 3F

ご注意)御茶ノ水ソラシティ正面右側「PRONTO」脇の入口から入ります。
JR「御茶ノ水駅」(聖橋口)より徒歩1分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結、丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分
定 員:60名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費:3,000円(ColleCard「IT25・50」1セットの料金を含みます)
参加費」5,000円(ColleCard「IT25・50」2セット+トレーディングカードフォルダーの料金を含みます)

Announcements
  • 2018/08/31

    2018年9月7日(金)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、これまでの歴史を振り返り、これからの“未来社会”を考える「第2回 ホロス2050未来宣言〜ColleCard「IT25・50」説明会&ゲーム大会」を開催します。 今年、2018年は、1993年に... read more 2018年9月7日(金)19:00より御茶ノ水デジタルハリウッド大学において、これまでの歴史を振り返り、これからの“未来社会”を考える「第2回 ホロス2050未来宣言〜ColleCard「IT25・50」説明会&ゲーム大会」を開催します。 今年、2018年は、1993年にマーク・アンドリーセンがNCSA Mosaicを開発し、ブラウザベースの商用インターネットがスタートしてから25年目となります。また、1968年12月9日(米国時間)にダグラス・エンゲルバートが世界で初めてマウスでコンピュータを操作できることを示し、GUIやハイパーテキストリンクなど、今日のパーソナルコンピュータとインターネットの基礎となるデモンストレーションを行い、その後、パーソナルコンピュータとインターネットが大躍進するきっかけとなった有名な「The DEMO/The Mother of All Demos」を行ってから50年目となります。 しかしながら、現在インターネット上には、こうしたインターネット商用化25年・The DEMO 50年の歴史について、誰もがわかりやすく振り返ることができ、そこからみんなでこれからの“未来社会”を考えることができるコンテンツやサービスが存在しません。 そこで、株式会社クリエイシオン(代表取締役 高木利弘)では、ColleCard「IT25・50」(コレカード・アイティ・ニーゴー・ゴーマル)というトランプと百人一首を組み合わせ、ネットとも連携する「知の冒険カードゲーム」を開発し、ITの歴史を誰もが簡単に、しかも、楽しく「遊びながら学ぶ」ことができるエデュテインメント・サービスを始めることにしました。 9月7日(金)の「第2回 ホロス2050未来宣言〜ColleCard「IT25・50」説明会&ゲーム大会」では、このColleCard「IT25・50」がどのようなものかご説明させていただくとともに、実際にグループに分かれて、知の冒険カードゲームの醍醐味を体験していただきます。 また、2018年12月10日(月)開催予定の「IT25・50」シンポジウムの進捗状況についてもご報告させていただきます。 最大のトピックスは、「パーソナルコンピュータの父」アラン・ケイ氏が、このシンポジウムの趣旨に賛同し、基調講演を快諾してくれたことです。 当日は、米国で本家ダグ・エンゲルバート協会主催の「The DEMO 50周年記念講演会」があり、そちらにロンドンから遠隔講演するのに続いて、「IT25・50」シンポジウムにも遠隔講演してくれる形になります。 「IT25・50」プロジェクトに賛同し、一緒にプロジェクトを推進されたいとお考えの方は、ぜひ、この機会にご参加ください。 公式サイト:IT25・50(http://it2550.net/)       ホロス2050(http://holos2050.jp/)       ColleCard(http://collecard.net/) 日 時:2018年9月7日(金)19:00~21:00(受付開始 18:45) 場 所:御茶ノ水 デジタルハリウッド大学駿河台キャンパス 3FE12,E13教室(アクセス) 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア デジタルハリウッド大学 3F ご注意)御茶ノ水ソラシティ正面右側「PRONTO」脇の入口から入ります。 JR「御茶ノ水駅」(聖橋口)より徒歩1分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結、丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分 定 員:60名(定員になり次第、締め切らせていただきます) 参加費:3,000円(ColleCard「IT25・50」1セットの料金を含みます) 参加費」5,000円(ColleCard「IT25・50」2セット+トレーディングカードフォルダーの料金を含みます) show less

Video
Comments